本文へスキップ

煌きを失った性生活は性の不一致となりセックスレスになる人も多い、新たな刺激・心地よさ付与し、特許取得ソフトノーブルは避妊法としても優れ。タブー視されがちな性生活、性の不一致の悩みを改善しセックスレス夫婦になるのを防いでくれます。

トップ画像

妻と恋人――おぼれる男たちの物語

本表紙

ピンクバラ第一章 彼女と妻と、選べない苦しみ

出世はしたけれど
恋を続けていく決心
この先、関係は変わるか
ダブル不倫の苦悩
妻とはセックスレスに
消えない恋の炎
職場の彼女に揺れる
不妊という悩み
恋の芽を意識するとき
彼女の失踪
妻の妊娠

第二章 「家庭」はどこにあるのか

単身赴任の果てに
絶望的な日々
離婚しないまま、新たな人生へ
恋に落ちて、地獄を見た
偶然が「運命」に変わるとき
恋に溺れて
ある日突然、男が現れて‥‥。
騙されたと思いたくない
あくまで、本気の「恋愛」
くすぶっている妻への不満
暗黙了解でホテルへ
日常と非日常を使い分けて
情は、捨てきれない
すれ違いと、回り道と
恩師の通夜で再会
結婚後、またも再会
偶然が重なって縁はつながった
自分のずるさを知りながら‥・‥

第三章 病気の妻と生きる

居場所のなかった家庭
夫への疑心暗鬼で妻は病気に
心許せる女性との出会い
現状を保つという選択
家族を捨てる重みと代償
理解し合っている夫婦のはずだった
恋は理性の外 
ともに家を出て同棲するが‥‥
妻には憎まれたほうが楽
妻と恋人への思いの違い
転勤族の寂しさ
男はいつでも味方がほしい
ふたりの関係は切れずに
恋人の存在意義

第四章転落した男の事情

夫婦間に吹くすきま風
若い彼女に惹かれて
会社の金に手を付けるとき
すべてを無くした、今
「夫婦」を取り戻せるのか
波風の立たない家庭
暗黙のルールのもとに
妻に尾行されていた
動き出せずに立ち止まったまま
誰も傷つけたくないからこそ
魔が差すように始まった恋
妻の警告
ようやくの再会

第五章 新しい家族を作れるか
妻からの三行半
彼女への気持ちを抑えきれずに
ようやく同居できるはずだったのに
妻の裏切りを知ったとき
妻の恋を知らなかったのは自分だけ
「社会的」な言葉ばかり吐く男
妻と妻の愛人を目の前にして
このままでいいはずはないけれど揺れ動いて、振り回されて
妻の妹は元彼女
儀妹との濃密な関係
断ち切りたい思い

第六章 恋に入り込むほど、無防備に

胸を打った身の上話
若い身体から離れられず
「性感染症」性器ヘルペスをうつされた
くすぶり続けるやりきれなさ
強くなっていく独占欲
元妻とその友人との楽しい一夜
年上の彼女の愛おしさ
嫉妬心ゆえの暴走
彼女にとって自分の存在とは?
窮屈さから逃れる場所
気弱な夫と強い妻
敷かれたレールから外れた瞬間
日ごと、のめり込み‥‥
妻への後ろめたさ

第七章 誰も彼もに嘘をついて

娘のような若い女性との出会い
捨て身の女が持つ迫力
事実を知った妻、そして後悔だけが‥‥
泥沼の深みに
不倫、そして再婚
肌の合う相手に惚れこんで
壊れていく妻
「好きな女ができた。別れてほしい」
静かな日常の裏で
夫婦関係がこじれていくとき
家族を養うのは男の義務?
男女のすれ違い
父として娘に伝えたいこと
夫婦はどこまで行っても他人なのか
男と女がいる限り‥‥二十年愛
妻の妊娠中に浮気
彼女との再会
矛盾はあるけど別れられない
誰も入りこめない歳月
あとがき