本文へスキップ

このごろの少年少女に、すぐれた古典の名文の一節を暗記させないのは何故でしょうか。私には受験勉強などよりもずっと大事なことに思えるのですが

本表紙 田辺聖子著 

文車日記(ふぐるまにっき) 上・下巻目次

文車日記(ふぐるまにっき) 上巻
赤バラゆく河の流れ(方丈記)
 額田女王(ぬかたのおおきみ)の恋(万葉集)
 むかしはものを(小倉百人一首)
 あつもり(平家物語)
 北浜の米市(日本永大蔵)
 少女と物語(更級日記)
 男の友情(木曾義仲と巴御前)
 心あひの風(催馬楽)
 あね・おとうと(大津皇子と大伯皇女)
 皇太后のおん靴(明憲皇太后)
 十二単(栄花物語)
 年上の女(和泉式部)
赤バラわが愛の磐之媛(萬葉集)
 船 と 琴(古事記)
 女の児(土左日記)
 船 唄(土左日記)
 ロマンのページ(今昔物語)
 恋の奴(但馬皇女)
 庭たづみ(記紀)
 さくらの歌(新古今集他)
赤バラ魅惑の男(蜻蛉日記)
 うまずめ(清少納言)
 あけぼの・くれなゐ(主人公の名前)
 赤珠は‥‥(記紀の神話)
 玉手の恋(摂州合邦辻)
 ころもがへ(與謝蕪村)
 ありがひもなき世間(紗石集)
 薄幸の皇后(定子皇后)
 老いゆく君(萬葉集)
 恋のあはれ(徒然草)
 夕顔(源氏物語)
 朝光(あさてる)の恋(大鏡)
 おちくぼ(落窪物語)
 やさしいサムライ(偐紫田舎源氏)


赤バラ文車日記(ふぐるまにっき) 下巻
――私の古典散歩――
大君のみ盾(日本書紀)
 あやゐがさ(梁塵秘抄)
 男の出発(阿倍継麿)
 白き鳥の歌(ヤマトタケルノミコト)
 蟲(むし)めづる姫君(是中納言物語)
 ませの白菊(古今著聞集)
 あ――ら わが君(落語)
 浅茅(あさじ)が宿(雨月物語)
 浮きあぶらの国(古事記)
 おさん(心中天網島)
 誇りたかき男(道長と隆家)
 黄泉比良坂(古事記)
赤バラさめやらぬ夢(建礼門院右京太夫集)
 幾山河(若山牧水)
 忍ぶ恋(式子内親王)
 浮世風呂(式亭三馬)
 ひとつ松(市原王)
 知盛(とももり)最期(平家物語)
 雪ちるや(小林一茶)
 黄葉夕陽村塾(漢詩)
 峯のあらし(小督局)
 世間胸算用(井原西鶴)
 国庁の雪(大伴家持)
 ふれふれこゆき(讃岐典侍日記)
赤バラ失われた夢(滝沢馬琴)
 恋の見本帳(伊勢物語)
 きつね妻(日本霊異記)
 シャロンの野の花(聖書)
 これ小判(川柳)
 永遠の少女(紫の上)
 黄表紙の色男(山東京伝)
 ただ狂へ(閑吟集)
 野ざらしの人(松尾芭蕉)
 あとがき

newpage140.1.htmlへのリンク

newpage100.htmlへのリンク

newpage140.3.htmlへのリンク

newpage140.4.htmlへのリンク

newpage140.5.htmlへのリンク

newpage140.6.htmlへのリンク