本文へスキップ

煌きを失った夫婦はセックスレスになる人が非常に多い、新鮮な刺激・心地よさを与える特許取得ソフトノーブルは避妊法としても優れ。タブー視されがちな性生活、性の不一致を改善しセックスレスになるのを防いでくれます。

トップ画像

目次 快楽上等― 3.11以降を生きる 
湯山玲子・上野千鶴子

赤バラプロローグ 私のたちに訪れた、生き方  の転機

哀しみに同化するよりも、サバイバルすることを考えた
避難する自由としない自由、「自分だけが」という罪悪感
 諦めと思考停止
「人間は抑圧し抜くと、抑圧に慣れる生き物」なのか?
社会を変えるチャンス到来? 上野流フェミニズムに解を求めて

赤バラ第1章 3.11以前のリア充女のサバイバ  ル1

民主主義と戦闘性の源は「小学生共闘
自由を得るために、体制側の論理を学ぶ
旧男類を黙らせる、技術としての「女装」パワー
武器としての文化資本
家父長制と女/上野千鶴子の場合
「女の子の居場所は助手席」のウソ

赤バラ第2章3.11以前のリア充女のサバイバル  2

「女を排除する論理」を目の当たりにした会社員生活
 おカネと研究、おカネと文化における「黒いネコと白いネコ」
「泥にまみれておカネを取る」というニヒリズム
クリエイティブの世界も、学歴偏重のオヤジ社会
 3.11以降明らかになった、クリエイタ―誤謬の

赤バラ第3章 女と女の溝、女と男の

 「フェミでも、オシャレしていいんですか?」
エコ系フェミニスト、母性礼賛系フェミニストとの相性
 「お母さん」への反発と大同小異
 強制モラルを強いる、母という役割強制モラルを強いる、母という役割
 閉ざされた子育ての憂鬱をタックルで吹き飛ばす
 子どもかキャリアか。女の生き方を分けた百恵ちゃんと聖子ちゃん
 披露宴でのパワーゲームで、オヤジの攻撃をいなす方法
 フェミズムの系譜、反逆のDNAを持つ二人


赤バラ第4章 女のサバイバルを阻む 病

 フェミズムとネオリベの、決定的な違いとは
 カッマー型のアプローチの限界
 構造の問題と認識するが、フェミニズム
 おカネは自由の条件ではない? おカネは自由の条件ではない?
 「承認欲求」という病
 ルサンチマンを発散し始めた女たち
 子どもに犠牲を強いる、母というエゴイスト
 母との相克を語られるようになった女、語れない男
 「ロマンチッククラブ」への根強いニーズ、その理由

赤バラ第5章 幻想大国ニッポンの恋 愛と結婚

 ザ・幻想カルチャーは日本人の十八番?
 男と女、恋愛における妄想カルチャー
 結婚の制度疲労と、フェミニストたちの結婚
子ども部屋から出たがらない若者が増えている
継承すべき文化を失った「成り上がり」の悲しさよ
地雷の上で、「絶対の安心」「絶対の信頼」を求める不幸
ネオテニーなニッポン人が、大人になるとき


赤バラ第6章 快楽とセクシャリティ

 タブーと結びついた、初めての「光合成」体験
性の眼覚め、『セクシィ・ギャルの大研究』への道程
「性」という親離れの推進力
『ハイト・リポート』が明かした、女のマスタベーション
マスタベーションと相手のあるセックスは「別腹」である
セックスの頻度とその人の幸福感。その相関関係は?
「生涯に性交した相手は3人以内」という事実
セックスよりも強固な、マスタベーションのタブー
自分の女の体を愛することと、アンチ挿入主義
 多様性を楽しむ、セックスのすすめ
「予測誤差」があるほど快楽の刺激は強い
マグロ化する男たち。果たして人生の果実は得られるのか
 男と女がイーブン、かつ、気持ちいいセックスを求めて


赤バラ第7章 加齢という平等

 加齢は誰にも選択できない
30代後半から40代にかけて、女の性欲はマックスになる
更年期について語り合わない、女心のトラップ
抗うべきか、女の賞味期限
「頭を下げてでも」という熟女の新機軸
半径3メートルのストレスフリー
 ベストセックスは、生涯を回顧したときにわかる
 日本人の性愛コミュニケーションの質
 物語性をなくした老いらくの性欲は、純潔なるものか
 加齢とセクシャリティ、エクスタシーの到達点は?


赤バラ第8章 ニッポンの幸福問題


 「最強の社会関係資本は地縁と血縁」は本当か
「絆」の二面性。助け合いと縛り合い
トラネコカップルの幸せ
「不安」の増大と、村上春樹の小説に見える男子の受動体質
 3.11であらわになったオヤジギャルの真実
 テレビと大衆と原発と
 テレビ不信の一方での「強いヒーロー」待望論
 リセット願望と鎖国メンタリティ
 失敗を恐れる「前例がない」ロジックの閉塞感
 おひとりさま最期を支え抜いた、30人の女たち
 血縁よりも、女たちの選択縁が、女を救う


赤バラ第9章 3.11以降のサバイバル 術を考える

 ラン・ランに見た日本の近代文化史
 滅びゆく種族になるのか、「好奇心」と「遊び」を味方にすねか
 「村の外人戦略」というサバイバルテクニック
 上野千鶴子式「省エネ殺法」
 女化することに新天地を見つけ始めた男たち
 異形細胞のススメ「社長になりなさい」
 応援団作りとソーシャルネットワーキング
「芸が足りなくて、申し訳ありません」
 気の弱いDNAの持つ主が進言する、「年に一度は旅に出よ」
女の生存術はボーダーレスである
 寂聴さんに学ぶ、予測誤差への対応能力
 美魔女のくびれたウェストより、女を輝かせるものは
「生きていて良かった」という実感を得るために

newpage108.0.0.htmlへのリンク

newpage108.1.htmlへのリンク

newpage108.2.htmlへのリンク

newpage108.3.htmlへのリンク

newpage108.4.htmlへのリンク

newpage108.5.htmlへのリンク

newpage108.6.htmlへのリンク

newpage108.7.htmlへのリンク

newpage108.8.htmlへのリンク

newpage108.9.htmlへのリンク